最近では、手作り化粧品を利用している人が多いのをご存知でしょうか?手作り化粧品は、意外と簡単に作れる上に、自分でその成分を調整することができます。しかも、市販の化粧品よりずっと安く、安全なものが作れるということで人気が高まっています。それに、近頃では、手作り化粧品用に様々な材料も多く販売されるようになってきました。美白を求める方が手作り化粧品を作るのに人気の高いのが、ビタミンC誘導体パウダーです。これまでは、手作り化粧品の材料は限られていたのですが、この頃では、このようにニーズに合わせて原料が販売されるようになりました。手作り化粧品の良いところは、防腐剤や香料などの合成成分を一切使わないで作ることができるので、肌に優しく、安心・安全だということです。また、材料は比較的簡単に薬局で購入でき、しかも、案外安価なので、市販化粧品よりずっと安上がりです。その上、量も自分で加減して作ることができますから、常に新鮮なものを使うということも可能になります。その反面、大量に作るのには向かないというデメリットもあります。防腐剤などを入れないため、腐りやすいということです。ですから、面倒くさがりな方にはちょっと向かないかもしれませんね。ですが、逆に、「常にできたばかりの新しい安全な化粧水を使える」と考えて、少しずつこまめに作るようにしてみてはどうでしょう?作り方も簡単で、書籍やHPでもレシピがたくさん掲載されていますから、挑戦してみるのもいいかもしれませんよー